2012年04月11日

競技規則(ルール)の改訂


競技規則が改訂され、平成24年4月1日から実施されます。


主だった改訂部分を紹介します。

 1.ハーフタイムについて
   主催者の権限でハーフタイムを決定できる。ハーフタイムの最長時間は15分まで。


 2. チームタイムアウトの回数について
   主催者の権限でチームタイムアウトの回数を決定できる。回数は最高3回まであり、
   かつ前半、後半それぞれにおいて最高2回までとする。
   (試合の後半残り5分間は1回しか請求できない)

 3. プレーヤーの人数
   16名までとする。 



競技規則の解釈について主だったものを紹介します。


 1.ステップ ドリブルの始まり
    ・空中でボールを受け取り、その後に着地した最初の足は1歩とみなさない。
    ・ドリブルした後、最初におろした足は1歩とみなす。
 

詳しい内容については下記をご覧下さい。
    ・日本協会通達【競技規則の確認、及びその他の確認(平成24年4月1日実施)】
    ・IHF2011競技規則の解釈
    ・2011競技規則


にほんブログ村 その他スポーツブログ ハンドボールへ
yamanashi_handball at 12:07コメント(0) 
お知らせ:2012年【平成24年度】 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
メニュー